PILAWS
PILAWSのBLOGです。
200503<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200505
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
VE(バリューエンジニアリングとは?)
 最近仕事をしているVEについてまとめてみるです。はい。

VE(Value Engineering)

とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。


 VEは、1947年米国GE社のL.D.マイルズ氏によって開発され、1960年頃わが国に導入されました。 当初は製造メーカーの資材部門に導入され、そのコスト低減の成果の大きさが注目されました。その後、 企画、開発、設計、製造、物流、事務、サービスなどへと適用範囲が広がるとともに、あらゆる業種で活用されるようになり、顧客満足の高い、価値ある新製品の開発、既存製品の改善、業務の改善、さらに小集団活動にも導入され、 企業体質の強化収益力の増強に役立っています。


 経営環境がめまぐるしく変化する今日、企業経営には効率化のみならず絶えざる革新が求められています。 単に安いものをたくさん作る努力だけでは、多様化し高度化した顧客の要求を満たすことはできません。


 お手本のない新たな時代に企業が生き残るためには、現状改善型の努力ではなく、現状を打破する革新が必要です。 何をすべきか、どんな働きを果たさねばならないのかを常に見直し、製品やサービスの価値を高めていくその努力を欠かすことはできません。


 VEは、まさに価値向上のための技術であり、新たな時代をリードしていく企業にとって欠くことのできない管理技術といえます。


 VEでは、製品やサービスの果たすべき「機能」をユーザーの立場からとらえて分析し、その達成手段について様々なアイデアを出します。


それらのアイデアを組み合わせたり、さらに発展させた上で評価し、最適な方法を選択します。その一連のプロセスを組織の力を結集して行い (チーム・デザイン)、顧客が求める機能を最低のライフサイクル・コストで確実に達成する手段を実現するのです。


すなわち、使用者優先、機能本位で考える。様々なアイデアを生かし現状を打破する。そのために衆知を結集したチーム・デザインを行う。 そして、機能とコストの両面から製品やサービスの価値の向上をはかっていくのがVEの考え方です。


VEの適用分野は、購入資材費の低減にはじまって、製品全体のコスト低減や製品開発段階にも大きな成果をあげています。 現在は、製品ばかりではなく、組立作業や機械加工、梱包や運搬などの製造工程、さらに物流業務への適用も活発に進められています。


また、書類の作成や伝票の発行、事務手続きなど、管理業務、間接業務にも適用できます。


VE活動は製造業だけでなく、サービス業や建設業などでも導入され、会社の利益改善に効果を発揮しています。


このように、コストの発生するものすべてがVEの対象となるのです。


VEは、顧客に対しては、価値の高い製品やサービスで豊かさを提供できます。また、資源の有効活用により社会にも貢献できます。


企業に対しては、そのことによって適切な利益を確保すると共に、豊かなコミュニケーションと組織の活性化、 創造性あふれる企業風土づくりにも役立ちます。


VE活動に参画した社員は、個を尊重した創造力の発揮とチーム・デザインによる 目標達成で自己実現ができ、目的志向の思考力が身につくことによって、仕事や生活のあらゆる場面で応用できるようになります。


 このようにVEは、上手に活用・展開することによって、コスト低減効果ばかりでなく、顧客企業社員の三者に満足をもたらす効果があるのです。
スポンサーサイト
春樹です。
どーもー。
茨城から愛車の「マークⅡ」を転がしてやってまいりました、春樹で~す!
いや~、今日は気合はいってっかんねっ!
なんせ来る前、ロッキー見てきたんだから!!
いやぁ~ロッキーつえぇ~よ~ぉ~!!
でもね、一個上の八谷先輩だったらかってっかもしんね。
けんかつぇ~んだから、
なんせ茨城のロッキーって言われてんだよ、
その人パンチがはえ~んだよ、
しゅしゅしゅつってよ、しゅしゅしゅつってよ。
パンチが早すぎて手が何本もあるように見えんだよ、
茨城の千手観音って言われてんだから。
どっちだっけかな、千手観音みたいなロッキーかな、
ま、いいんだけどよ~。



いや、ロッキーもいいけどよ~、
俺はエイドリアンが欲しい。
わかる、
彼女が欲しいってことだよ、お前よぉ~。


どうやったら女にもてんのかなぁと思ってよ、
もうちょっと背が高かったら、女にもてんじゃねぇ~かなと。


俺がよ、雑誌見てたら、あったんだよ。
宇宙の神秘パワーによって、
飲むだけで背が高くなる、



サプリザジャイアント



ってのがあったの。
あ~これだ!と思ってよ、早速注文したの!
これがよ、飲んでも飲んでも、うんともすんともいわねぇんだよ。
で、俺、あったまきたからよ、
その会社に電話してやったんだよ、
「てめぇ~ふざけんじゃねぇ~ぞ!
何がサプリザジャイアントだよ、ちっとも背なんか
高くなんねぇ~じゃねぇ~か」って、
そしたらなんて言ったと思う?



「その割にはお客様、ずいぶん上からものをいいますね」って・・・

































不思議と、おだやかな気持ちになった。





実は言うとよ、おれちょっと、口がくせ~んだよ、
なんか死んだザリガニみてぇ~なにおいすんの、
これじゃだめだろ!
どうすっかなと思ったらよ、
あったんだよ!
雑誌見てたらよ、
エジプトのピラミッドパワーによって、
口の臭いがなくなるっていうね、



クレオパトラキャンディー



ってのがあったの。
あ~これだと思ってよ、そのキャンディーペロペロなめてもよ、
なんともなんね~んだよっ!
あったまきたから、電話してやったの、
「てめぇ~ふざけんじゃねぇ~ぞ、このやろー、
口なんかくせぇ~まんまじゃねぇ~か、
女口説いてもみんな鼻押さえてるよっ!!」って。
したらなんて言ったと思う。
「それは、お客様の口が臭かったんじゃなくて、
口説き文句が臭かったんじゃないですか?」って・・・





































いつもの帰り道が少し違って見えたんだ。







俺の顔ってどうなのよ?
ね、悪くねぇ~だろ、でもよ、俺よ、
もうちょっと鼻が高かったらよ、
これ女がほおっておかねぇ~と思ったの!
でもよ、鼻なんか高くなんのかと、
あったんだよ・・・
雑誌見てたらよ、ディカプリオやよ、ブラッドピットがよ、
アカデミースターはよ、みんな御用達だっていうよ、


ハリウッドチョコレート


ってのがあったの!!!
あ~これだ!と思ってよ、
食って食って食って、


うんともすんともいわねんだよ。


あったまきたから電話してやったんだよ、
「てめぇ~ふざけんじゃねぇ~ぞこのやろーっ!
いんちきじゃねぇ~かよっ、
鼻なんて高くなんねぇ~じゃねぇ~か、
これじゃ女にもてねぇ~じゃねぇ~かっ!!」って。
したらよ~、
「お客様がもてないのは当社の責任じゃありません。」っていうんだよ。「てめぇ~ふざけんじゃねぇ~ぞ!
 俺は目だって二重だし、おしゃべりだって上手だし、
 鼻さえ高かったら、女にもてんだよ~っ!!!」



「お客様調子に乗らないで下さい!お客様、

天狗ですっ!!」






































 
その日、初めてお酒を飲んでみた・・。




春樹でした。
春樹の愛する・・・・



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved