PILAWS
PILAWSのBLOGです。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お盛んな国
祭りって、血が騒ぎます! 「夏祭りには・・・絶対告白してやる!」とか、「祭りの夜は、いつもスカスカのはずのラブホでも満室」とか、若くてお盛んな時代ほど、いろんな意味で盛り上がっちゃうものです。

 ハイテンションな空気にまかせて、「祭りでLOVE!」なシチュエーションになるのは日本だけじゃございません。「リオのカーニバル」でおなじみの、日本の裏側・ブラジルでも同じなのです。そりゃ、あんなナイスバディなお姉さん方が、あんな大胆な、「今にも見えそう」というより、「モロ見えじゃないですか!」みたいな格好で踊り狂ってるんだから、そりゃ~エッチな気分になりますよね? だからカーニバル期間中は、セックス三昧になる若者が少なくないのだとか。

 人々の「セックスライフ」を懸念してか、2月25日から各地で開催されるカーニバルでは、ご親切にも政府がコンドームをタダで配布してくれるそう。その数、なんと2500万個。これらのコンドームは、ブラジル政府が推進している「アンチエイズプログラム」に協賛する企業によって支援されているのだとか。さらに2500万個じゃまだまだ足りないのか、政府は06年中にブラジル全体で10億個のコンドームを配布する計画も立てているという。

 10億個って・・・現在ブラジルの人口が1億8352万人だから、年間に1人5個はもらえるってこと? ブラジル人の年間セックス頻度が平均96回(04年durex調べ)なので、まあ、数としては微々たるものですが、ちょっとはエッチ費用の節約になりますね。でも96回か・・・ブラジルといえば、以前ご紹介した「ペットのためのラブホテル」なんかもあるから、人間様のほうもかなりお盛んなのかと思っていましたが、意外にそうでもないみたいですね。

 ところで、私ら日本人からしてみれば、「コンドームを無料で配って、正しく避妊・・・素晴らしいじゃないの!」と思ってしまいますが、どうやらブラジルは「コンドーム推進文化」ではないようです。ブラジルは、世界最大のカトリック教国。カトリックといえば、コンドームによる避妊を認めていないことで有名です。国内では政府の試みに対して、なんやかんやと批判もあるみたい。でもまあ、堕胎したり、子供を捨ててしまうぐらいなら(「捨て子窓口」のイタリアもカトリックですし)、ゴムで避妊しとけ! なんて思ってしまうのですが・・・楽天
スポンサーサイト
ばぶばぶ。
あなたの体験談で助けてくだされ!
「俺、お前のこと、スキやっちゃわ~」(宮崎弁)

ジェンキンス


今までに、告白された人・した人や、こんな告白、最高だった!や、
こんな告白してみたい・されてみたなど、心にしみる告白を教えて欲しいので、協力してください。

私の戦友の一人から相談され、いろんな演出を今、考えてるんだけど、自
分の体験談を元にしか話が出来ません・・・

【私のエピソード】
知り合ってから2週間。バースデイを前日に知った俺は、好きな彼女の誕生
日、いろんなサプライズを短時間で考えました。

それは、始めに食事したお店で普通に『誕生日おめでとうっ』プレゼントを渡した後に、『これからもよろしく』って、手を出して握手をしてもらい、握ったその手を放さずに『そのまま手の中にある物をにぎって、抜き取って』・・・その手の中にある物がスルスルスルっと、僕の服の袖口から・・・

それは、綺麗に包装された1輪のマーガレットの花・・・

『俺、お前のことスキやっちゃわ~俺と、付き合ってくれんか?』・・・


たいした、、サプライズは出来なかったけど、仕事終わってから約束の時間
まで1時間で考えたこのちょっとしたサプライズに、その時の彼女は、最高
の笑顔で抱き付いてきて、耳元で「いいよっ♪」って言ってくれました。
思わず、雄叫びを上げてしまった俺は、当然その周りにいた人からクスクス笑われましたが・・・
最高に幸せを感じた青春時代でした。

そんな彼女は今、僕ではなく、別の男性と幸せな家庭を築いています。
あのときの、綺麗に包装されたマーガレットは、無理やり、俺の袖の中に入
れてしまったおかげで、シワクチャになっていました・・・

By チョチョポリス

矢沢

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved