PILAWS
PILAWSのBLOGです。
200603<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200605
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スリッパで見極めるあなたの会社の未来
あなたが勤めている会社は、今後業績が伸びるでしょうか? 伸びる会社か、それともダメな会社なのか、おもしろい判断の方法があるのでご紹介します。

 まずは、あなたの会社を見回してみたうえで、次の質問にお答えください。

(1)受付嬢がめちゃめちゃ美人
(2)社歌や体操を強制させられている
(3)社内ではスリッパに履き替える
  (半導体工場に隣接した本社、食品・医療の研究所を除く)
(4)トイレが汚い

 続いて、あなたの会社の社長をじっくり観察してみてください。そして次の質問に答えてください。

(1)金ピカの時計をしている
(2)唐突に有名人との親交をにおわせる
(3)昔の苦労話ばかりする
(4)社長室に高そうな置物やゴルフバックがある

 これらの項目は『スリッパの法則』(藤野英人著/PHP出版)から引用したもの。投資家として何千もの企業を見てきた著者の経験から見いだした、伸びない会社の傾向なんだとか。一つでも思い当たる節がある会社は、ちょっと危険かも。

 スリッパの法則とは「社内でスリッパに履き替える会社に投資すると不思議に儲からない」というもの。投資しても儲からないということは、その会社は業績の伸びが期待できないということになりますね。スリッパに履き替えるという行為は、経営者が「会社は自宅と同じ」だとしている意識の表れ。誰でも会社に自由に出入りできる機会を遮断してしまっているため、会社のオープンさが欠けていると言うのです。

 このように上の項目は、業績に関係性のない非合理的な事柄や、社内のモラル・社員のモチベーションを推し量る項目になっています。

 「めちゃめちゃ美人な受付嬢がいる」なんて男性社員のモチベーションに関わることなのでは? しかし、それは面接官の趣味が反映しているということ。採用にあたって正しい評価ができていなかったり、経営者のお客様や女性社員に対する姿勢が表れてしまっているのかもしれません。

 もちろん、これらの法則は絶対ではありません。しかし、行為や規則の裏には経営や仕事に対する精神があります。何事においても根本となる精神面が育まれていない会社には、いい会社はないと言えるのではないでしょうか?

 どうでしょう? あなたの会社は伸びる会社でしたか?






スポンサーサイト
採用基準はニューハーフであること!?
 ニューハーフ、ゲイ、レズビアン・・・このような人達の社会的な認知度は高まってはいるが、まだまだ偏見や差別に悩まされている。一般的な企業においては「もしバレてしまったら・・・」そう考え、ひっそりと生活している人も多いだろう。

 しかし、そんな社会の反応をものともせず、中性的な感覚を武器にしてIT市場に殴りこみをかけた企業があるのだ。それは株式会社ニューゲージ。スタッフが全員ニューハーフやおなべさんといった、マイノリティーな属性の人間で形成された企業なのである。 

「マイノリティーな私たちはなかなか一般企業には受け入れられない。技術や実力があるにもかかわらず、ニューハーフだからってそれを生かせない人ってたくさんいると思うんです。それなら、自分たちで会社を作ってしまおうと思い立ちました」(株式会社ニューゲージ社長 如月音流さん)

 株式会社ニューゲージは、主にWebサイトの制作を行っている。スタッフの誰もがIT企業に勤めていたわけではなく、個人でWebサイトを制作していた人もいたそう。そんな人達に如月さんがオファーをかけたんだとか。

 「コンテンツ制作などの仕事は、実力があれば偏見も乗り越えられる仕事だと思うんです。特に私たちには、『女性よりも女性らしい』という見方もありますし、実際美容やファッションに関する知識に長けています。そういった強みを活かして今後もどんどん仕事を広げていきたいですね」(同)
 
 マイノリティーゆえに、一般企業でカミングアウトして生活していくのは難しいという現状がある。それを逆に武器にしてしまうことで、取引もスムーズに。成長市場であるITの現場においては、こういった面白い企業がウケるのであろう。

 社名である「ニューゲージ」とは直訳すると「新しい尺度」。ニューハーフやゲイなどは、一般にはまだまだ理解されず、異質であるとされている。そういった偏見や差別を振り払うような、新しい個性・感覚を作り出していきたい、という意志が織り込まれている。

 確かに、男性の気持ちも女性の気持ちも理解できるという強みは大きい。日本のIT市場に新しい風を吹き込むのは、そんな感覚を持った彼、彼女たちなのかもしれない。

⇒気になる足のニオイ、どうしてる?



自転車の飲酒運転、いきなり前科に!?
今年度から、警察庁が自転車の違反対策を強化するという。自転車が関係した交通事故の増加、悪質な運転マナーへの批判の声が高まっているためだ。

 そうは言っても「自転車の違反事項なんてあったんだ・・・?」というのが大方の認識ではないだろうか。そう、自転車には自動車とほぼ同じような違反事項があり、罰則規定もあるのだ。しかも、自動車のそれと内容はほとんど変わらない。

 その内容を警察庁に問い合わせたところ・・・。

 「道路交通法を読んでください」と言われてしまった。そこで、道路交通法を調べてみたものの・・・まったくわからない! 僕らのような法律の素人が読むと、まったく意味がわからないのである。難しい言葉やまわりくどい言い方がされていて、途中でイライラして読むのをやめてしまいたくなる。

 でも頑張って読んでみた! 飲酒運転、信号無視、二人乗りはもちろん禁止だ。それに加えて、一時停止の標識を守らなかったり、駐車違反をした場合、罰則が与えられる。さらには、左折、右折時には手で合図をしなければいけないという規定もあるのだ。

 問題なのは、それに違反するとどうなるかということ。なんと、いわゆる赤切符が切られてしまうのだ。自動車の場合、比較的軽い交通違反に対しては青切符が切られるが、自転車にはこの青切符が存在しない。だから、いきなり罰金などの前科につながる処分である、赤切符の対象になる。自転車の違反に対する処分としては重過ぎる、という専門家の意見もある。

 例えば道路交通法第117条の2によると、酒に酔った状態で車両等を運転した場合は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金という罰則が下される。この「車両等」には自転車もしっかり含まれているのだ。

 実は、自転車にはこんなに細かい規定や重い罰則が存在していたのである。今までは、これらの規定や罰則が徹底されていなかったが、これからは違う。「えっ? こんなことで罰金?」なんてことにならないように、みなさんも一度、道路交通法を読んでみてはいかがだろうか。
楽天



ラセラーラセラー!


優柔不断は損をする!?
 「お腹空いたね~。何食べよっか?」
「私、何でもいい。アナタが決めて」
「いや、私も何でもいいよ。アンタが決めてよ」・・・
友人や恋人と出かける度に、このような会話を繰り広げてしまう人はいないだろうか? どちらか一方がスパッと決められればスムーズなのだが、こういう時に限って両者とも優柔不断だったりする。そして、しまいには険悪なムードに。ああ、優柔不断とは何て厄介な性格であろうか・・・。
 
 イギリスの心理学者たちが発表した調査結果によると、優柔不断な性格は厄介なだけでなく、要らぬ損までしてしまうらしい。

 彼らの行った調査法は、次の通り。まず4台の車を用意し、対象者たちにその中から好きな1台を選ばせる。その際、半数の対象者には考える時間を豊富に与え、あと半数にはパズルを解かせながら選ばせるというハンデを課した。ここまで読むと「後者の方が損するに決まってんじゃん!」と予想しがちだが、実はこのパズル、ハンデにはならなかったのである。用意された4台のうち1台は圧倒的に優れており、しかもそれに関する情報を提供していたにも関わらず、考える時間を与えた人の方が選択を失敗している率が高かったのだ。

 この結果について、イギリスの心理学者たちは「面倒な問題ほど、何かに気を取られて忙しくしている時の方がうまく対処できるのだ」と分析しているのだけれど・・・。ここはぜひ、日本の専門家の感想も聞いてみたい。ということで、1日に約1500ものアクセス数を誇る老舗ウェブサイト「幸せのホームページ」の開設者である、自称「幸せオタク」の本多時生さんにお話を伺ってみた。

 「『ある程度考えたら、それ以上考えても無駄』ということでしょうか。余計なことを考え過ぎて、判断を誤る結果になることがあるのでしょう。長い時間考えると、否定的な要素を多く検討することになり、購入後もそのことを思い出して不満を感じるのかもしれません」(本多時生さん)

 優柔不断な性格を改善する方法はあるんでしょうか?

 「優柔不断は性格ではなく、そういう考え方の習慣があると考えた方がいいでしょう。とても迷う時の自分の考え方のクセを知り、改善を心がけるといいです。迷った時にお勧めするのは、『とても迷うということは、どちらを選んでもいいのではないか』と考えることですね。『あちらを選んでもよし、こちらを選んでもよし』と考えられれば、少しは楽に決断できるのではないでしょうか」(同)

 なるほど。確かに自分の中で「これは性格なんだ」と意識してしまうと、改善できるものも改善できなくなってしまう。優柔不断から逃れて決断力を得るには、「楽に生きること」が大事なのだ。
楽 天
「いい会社」になるために。
「いい会社」ってどういうものなんだろうと思う。
一部の人は、「いい会社」とは稼ぐ会社だと言うだろう。
また別の人は「いい会社」は大きな会社だと思い、
さらに別の人は「いい会社」とは、
社会に貢献する会社だと考えているだろう。
またちがう人は、「いい会社」を、
人気のある会社だと結論づけているかもしれない。

いままでに、
あそこは「いい会社」だね、と
言われてきた会社というのは、
どういう会社だったのだろうか。
これから「いい会社」になるよ、と
言われる会社というのは、どういう会社のことなのだろう。

いまさらなにを言っているのだ、と
笑われるかもしれないのだけれど、
その、笑う人は、「いい会社」とはどういう会社なのか、
知っているのだろうか?
なんだかずいぶん青臭いことを言っているようだけれど、
「いい会社」とはどういう会社のことなのか、
探してもなかなか見つからないのだ。

会社が儲けるためにはどうすればいいのか、
会社が名をあげるにはどうするか、
会社が大きくなるにはどうやったらいいか、
会社に損をさせないためにやっておくべきこと、
会社をつぶさない方法、
会社を連戦連勝につくっていくやり方‥‥
などなど、ホントかウソか知れないけれど、
そういう本はいっぱい出版されている。
しかし、「いい会社」とはどういう会社なのか、
教えてくれる本が、なかなか見つけられないのだ。

もしかしたら、こういう疑問そのものが、
まちがいなのだろうか? とさえ思いそうになる。
しかし、やっぱり知りたいし、考えたいのだ。

たぶん、過去の「いい会社」と、
いまの、あるいはこれからの「いい会社」は
ちがってくるのかもしれない。
それでも、根本的なところでは、
そんなに大きなちがいはないような気もする。

できることなら、ぼくは「いい会社」をつくりたい。
自分も「いい会社」で働きたいし、
みんなにも「いい会社」で働いてもらいたい。
また自分の会社が「いい会社」だから、
あったほうがよかったとか、がんばってほしいとか、
おおぜいの人たちに思ってもらえたらうれしい。
それにしても、「いい会社」とはどういう会社なのか、
その旗が見えてないままでは、
そっちに向かって走っていくことはできない。

「いい会社」について、
ぼくはぼくで考えてはいるのだけれど、
個人の研究発表でもないのだし、
これこそ、みんなで考えるべきテーマだと思っている。
あなたの思う「いい会社」とは、どういう会社?
その「いい会社」になるには、ぼくは、あなたは、
なにをどうしたらいいと思う?
楽天
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved