PILAWS
PILAWSのBLOGです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
4.登山の疲労
登山の疲労といった時、まず思い浮かぶのは登りでバテている姿だろう。
ベテランは無意識のうちにペース配分をし、ゆっくり登るので、疲労することは
めったにないという。

だが私のような初心者は、必ずといっていいほど速く歩きすぎてばててしまう。

ベテランと初心者が富士山中腹の道を、自由なペースで登ったときの心拍数と
「つらさ」を測定したデータがある。

ベテランは常に一定のペースでゆっくり歩いているので、心拍数は150~160拍に
とどまっている。

一方初心者は、ペースが速すぎて、心拍数が180拍を超えている。
このため次第に疲労し、後半になるとペースが落ち、休みも頻繁にとらざるをえなくなる。

結局、目的地にはベテランの方が早く、しかも楽に到着している。
一方初心者のほうは到着時刻も遅れ、しかもつらい歩行になった。

なぜ早く歩くとバテるのだろうか?
また疲労せずに歩くにはどうすればよいのだろうか?
次回、実験を交えながら検討してみる。
登山用品の購入は楽天で!!↓↓


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved