PILAWS
PILAWSのBLOGです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
6.登山の下りは筋肉が疲労する
登山の疲労といったとき、下りのことを思い浮かべる人は少ないだろう。
特に私みたいな初心者は下りは楽な運動だと思い込んでいる人が
多いのではないだろうか。

ところが、下りでもやはり疲労は起こる。しかもその疲労は、ある意味
登りの疲労よりもはるかに重大である。

登りは自分の身体を上に持ち上げていくので、位置エネルギーを大きく
するために、筋がエネルギーを使って仕事をしなければならない。
このエネルギーを生み出すためには、たくさんの酸素がいる。
だから肺や心臓におおきな負担がかかる。

一方下りでは、位置エネルギーが開放されて運動エネルギーに変わるので、
それを利用すればエネルギーはあまりいらない。

では下りではどのような疲労が起こるのだろうか。
実は下りではたくさんの筋細胞が壊れている。
なぜ下りで筋細胞が多く壊れるのか?
下りの着地衝撃は登りの2倍以上であるからである。

普段から山によく行っている人は筋肉痛はおこらない。
これに対し、普段あまり運動をしていない人が登山をすると、
数日間はいやというほど、筋肉痛に悩まされる。
筋が弱い為、下りのストレスに耐えられず、たくさんの筋細胞が壊れて
しまうからである。

また、登りは筋にとって自然な収縮様式だが、下りは不自然な収縮様式なのである。
そして筋力不足の人が後者のような運動を行うと筋細胞が壊れてしまう。
筋細胞が壊れると、筋力は低下する。

筋力が低下すれば、体重を支えるための踏ん張りが利かなくなり、
ちょっとしたことで転倒しやすくなる。
登山の事故で多いのは、下りでの転倒というのにも納得がいく。

登山用品の購入は楽天で!!↓↓







求人
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved