PILAWS
PILAWSのBLOGです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
思いは伝わる・・・!?
注射される時に「痛くない」と強く思うと、痛みが軽くなる――。
前もって痛みが小さいと思い込むと実際の痛みも和らげられることを、西宮協立脳神経外科病院(兵庫県西宮市)の 小山哲男医師と米ウエークフォレスト大のロバート・コグヒル助教授らが脳活動の分析で確認した。
6日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

小山医師らは、被験者10人を対象に、信号音の間隔が15秒のときは48度、30秒では50度など、信号音を2回聞かせた直後にふくらはぎに熱の刺激を与える実験を繰り返し、間隔が長いほど痛みが大きいと思い込ませた。

この後、15秒間隔の時の温度を50度に変えて実験。痛みの程度を評価してもらったところ、30秒間隔で50度の刺激を与えた時と比べ、感じる痛みは小さくなった。

被験者の脳内の様子を特殊な装置で調べると、痛みが小さいと思い込むほど脳の快感や不快感をつかさどる部位の活動が低下していた。痛みを加えた後は、この部位の働きが小さいほど、体から痛みが伝わる部位の反応も鈍くなった。
結果として「思いこみ」が痛みを感じる部位の反応を低下させていることがわかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050906-00000508-yom-soci

俺は注射は怖くなかった。
痛みが快感に変わっていったから・・・

そんな僕ですが、

実は「S」らしいです
フォーー!!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あっ!
やっぱり、ルークとレイアだね。
私も全然怖くなかったし、泣いたこともなかった。
そう、快感でしたww

あんなの気の持ちようよ。

あの頃、注射どころでわめいていたら生きていけなかったっつーの

バイザウェイ
「病は気から」というけど、ほんとそうだと思う。
風邪を引いた時とか、風邪菌なんかに私が負ける訳がないと強く意識すると風邪ひかないけど、あー風邪引いたーやべー
とかって思ってるとどんどん悪くなる。
テレビとかでも思い込みで痩せたり(急激ではない)
癌が治ったりっていうのたまにやってるしね。

ようは、気の持ちようと私も「S」だってことさ!!!

もうだめぽ
寝よう
2005/09/07(水) 02:22:29 | URL | レイア姫 #-[ 編集]
あいかわらず・・・
夜更かししてますね・・・
そりゃー仕事つらくなるって。
仕事も民営化も気の持ちよう、
改革に向け、がんばれっ!!

しかし、

そうは、いかんざき・・・
2005/09/08(木) 09:33:31 | URL | ルーク(管理人) #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved